【BUYMA】出品画像の加工に役立つ便利ツール5選!

BUYMA 画像加工

この記事では、BUYMAの出品ページで重要な役割を果たす、商品画像の加工に役立つ便利なツールを5つご紹介します。

BUYMAの出品画像を加工する際に、どのようなツールを使えばよいのか分からない方、もっと使いやすいツールがないかリサーチ中の方に向けて、画像加工に役立つツールをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Skitch(Macのみ対応):画像キャプチャー

Skitch

Skitchは、Evernoteと連携できる、とても便利な画像キャプチャー&編集ツールです。(Macのみ利用可能)

BUYMAでは、ブランドの公式サイトから商品画像を切り抜く作業が必ず必要になりますので、MacユーザーはぜひこのSkitchをインストールして、いつでもサクッと画像キャプチャーができるようにしておきましょう!

Skitchのダウンロードはこちら

 

Screenpresso(Windowsのみ対応)画像キャプチャー

screenpresso

Screenpressoは、画面キャプチャー・画像編集・動画作成まで、幅広い用途で役立つ万能型のツールです。(Windowsのみ対応)

こちらもBUYMAの出品ページ用に商品画像を切り抜いたり、外注さんに動画の作業マニュアルを撮影する際にも重宝しますので、Windowsのパソコンをお使いの方は、ぜひインストールしておくことをお勧めします!

 Screenpressoのダウンロードはこちら

 

PowerPoint:画像加工

PowerPoint

MicrosoftのOffice製品の中で、PowerPointも画像加工に活用できます。

商品画像の背景透過や、透明度の調整など、出品ページ用の素材として求められる基本的な加工はPowerPointで十分に対応ができます。

今後、BUYMAの出品マニュアルや商品の単価計算表を作成することも考慮すると、Office365でMicrosoftのOffice製品を導入しておくのがベストです。

 Office365の導入はこちら

 

Photoshop:画像加工

photoshop

Photoshopは、Adobeが提供している写真・画像加工のツールで、趣味レベル〜プロレベルの方まで、幅広いユーザー層が利用しています。

機能面や操作のしやすさでは申し分なく、BUYMAの出品画像加工でライバルと差別化を図るのであれば、個人的にPhotoshopの導入は必須であると感じています。

有料にはなりますが、月額980円(税別)のフォトプランで利用ができますので、これから本格的にBUYMAに取り組むのであれば、強く導入をお勧めしたいツールです!

Photoshopの購入はこちら

 

PhotoScape X:画像加工

photoscapex

PhotoScape Xは、無料ながらとても使い勝手の良い画像編集・加工ツールで、個人的にとても重宝しています。

色々な使い方ができるツールではありますが、切り抜いた商品画像のレイアウトや配置決め、オシャレでかわいいフレームや外枠の設定などができるので、どちらかというと商品画像の「最後の仕上げ」に向いているツールです。

 PhotoScape Xのインストールはこちら

 

以上、BUYMA出品ページの画像加工に役立つ便利ツール5選の紹介でした。

BUYMAでは1枚目の商品画像でいかにライバルと差別化を図るか、お客様からの注目や関心を引けるかによって大きく売上が左右されますので、ぜひ上記ツールを使いこなして画像加工にも力を入れていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です